急な動悸から胸が苦しく息苦しさを感じるように【体験談】

現在子育て真っ最中の41歳、専業主婦からの体験談です。

だんだんと毎日、息苦しさに襲われるように。

日頃からストレスは感じやすい方なのですが、今まではそれが体の表に現れてきたことはありませんでした。けれども1年ほど前急に動悸がおこり、胸が苦しく感じ、息ができないような感覚に襲われました。

最初は数日に1回、なんとなく胸を押さえつけられているような息苦しさを感じましたが、気のせいかな?とそれほど心配はしていませんでした。けれどもしばらくするとその息苦しさが決まって夕方、夕食の準備をする時に起こるようになりました。

最初は気のせいだと思っていたけれども、毎日必ずその状態が起こるので、ひょっとしたらどこか病気があるのではと思いました。気にするようになってからは、日中起きている時間帯、いつとは限定されず急にこの息苦しさに襲われるようになってしまいました。

最初、心臓が悪く息が苦しくなるのではと思い、内科や循環器内科を受診しましたが特に異常はありませんでした。他にも息苦しさ以外に手足の痺れも出たので、脳外科や脳神経内科、整形外科など様々な科を受診したのですが、どこで検査しても決定的に悪いところは見つかりませんでした。どこが悪いか解らないけれどとにかく息苦しく、どうして良いか解らず、最終的に総合病院の総合診療科を受診しました。

原因はストレス。それなら解消方法は?

総合診療科でも様々な検査をしましたが、結果は今までと同じで特に異常がありませんでした。けれども先生と話を進めていく上で、ひょっとしたらストレスが原因で起こるのかもしれないと言われました。

考えてみると、その時の私は育児のストレスで本当にいっぱいいっぱいでした。子供がちょうど3歳で手が掛かり、日頃からイライラすることが多かったということ。そしてまた、上の子は反抗期で親の言うことをなかなか聞いてくれないことなど、そうした事が原因だったのではないかと感じました。また、そこへ来て知人が亡くなったということを聞き、色々とマイナスの方向に考えが働き、精神的にまいってきているのではと感じました。

原因はなんとなくストレスなのではないかなとは思いましたが、それでは息苦しさを解消するにはどうしたら良いのかという明確な治療方法がなかったのが、この症状で一番苦しかったです。それに息苦しさは突然やってくるので、外に出て急に息苦しくなったらどうしよう、電車に乗っている時に苦しくなったらどうしよう、そんな思いが常にあり、余計に症状を悪化させるだろうとわかっていてもどうすることもできませんでした。

でも、ある時をきっかけに症状がとても軽くなったんです。それは実家への長期的な帰省でした。普段は主人が忙しいこともあり、子育ては自分一人で頑張っているという感じがしたのですが、実家に帰り、家族に甘えることで、少しずつ息苦しさが出てくる回数も減ってきました。

ストレスになる原因から少し離れること、そして実家で私自身も十分に休息を取ることで、症状が急激に良くなった気がします。今はなるべくストレスをためないように心がけています。あまり息苦しさのことも考えないようにしています。

管理人マツリからのコメント

私も一番初めは急起こった動悸から首を押されてるような息苦しさでした。まずは他の病気の可能性をなくすために検査をしてもらうことが大切ですが異常なしでもどうしたらいいのかがわかりませんよね。

不安や緊張、ストレスに感じていないと思っている時にも起こったりするし安静にしても治らないしって、さらに気にしてしまうんですよね。

誰かを頼るというのが苦手で全てを抱え込んでしまうのかもしれません。困ったら助けてもらえばいいと思えるだけでも気が軽くなるかもしれませんね。