女性特有の症状

更年期障害が原因?喉の違和感を検査しても異常なし【体験談】

53歳女性、専業主婦からの体験談です。

癌だったらどうしようと検査をするも異常なし。

喉に違和感を感じ始めたのはかれこれ6年程前の事になります。唾をのみ込んだ時に右の喉ぼとけの辺りに何かある様な感じがしたのです。何度飲み込んでも確かに今まで無かった感触がするのです。そればかりか食べ物が飲み込みにくく詰まった感じもするのです。

頭に浮かんだ言葉は喉頭癌、食道がんでした。すぐに検査に行けばいいのに怖くて気になりながらも放置していました。友人に話してこんな経験あるか聞いたり、ネットで調べたりしていました。それでも1年位して意を決して耳鼻科を受診しました。以前ウナギの骨がのどに刺さり抜いて貰った事が有るクリニックです。その時の先生の対応の良さと優しさを覚えていたのでそこにしようと思いました。

もし癌と言われたらどうしようとドキドキしながら診察を受けました。丁寧に診察をして貰い結果は異常なしでした。何も無かったと言われて良かったのですが、確かに異常を感じるので正直その結果が信じられませんでした。

それでもその結果を信じようと思いました。それからもその違和感はずっと続いていました。違和感は一日中続いている訳ではありませんでした。何かに夢中になっていたりすると忘れています。特に夜布団に入ると必ず違和感を感じるのです。

原因は更年期障害?

ある日更年期の症状として喉に何か詰まった感じになる事があると記事に書いてあるのを見つけました。ヒステリー球、梅核気などと呼ばれる更年期からの自律神経の異常で起こる症状だそうです。きっとこれだと思い込もうとしていました。内心はもしかしたらやっぱり癌かも知れないと不安を持ちながらもそう信じたかったのです。

更に1年が経ってもまだ続いていました。思い切って又同じクリニックに受診しました。結果は同じで異常なしでした。更に又1年が過ぎもう一度同じクリニックに行きました。またまた異常なしでした。もしポリープや癌なら二年の間に大きくなっている筈だし、外から触診したら何か触れる筈だけど何も無いので心配は無いと言われました。

どうしても心配なら大きな病院でMRIで診て貰いなさいと言われ帰って来ました。先生の言葉を信じそれからはあまり気にしない様にしました。いつの間にか忘れてしまって今は全く気にならなくなりました。その代りに更年期特有のホットフラッシュや関節痛なんかの症状が一気に出て来たのできっと喉の詰まりや違和感も更年期の症状の走りだったのだと思います。

今は他の症状に悩まされていますが、喉の症状がポリープや癌でなくてホッとしています。

管理人のコメント

何か異物感があるとハラハラしますよね。確かに何かあると感じるのに「異常なし」だと「いや、異常はあるんです!」って思ってしまいます。どこか疑ってしまうと不安が残ってしまいますよね。私も納得がいくまで検査をしてもらいましたが異常なしでした。

更年期のホルモンバランスの乱れや自律神経や不安などが重なったのかもしれませんね。婦人科で相談するのも良いかもしれません。

ABOUT ME
ふわ
28歳の時に喉の異物感を感じ検査をするも異常なし。それから調べたり体験したことを元にヒントになれば嬉しいなと記事にしました。募集した体験談も掲載しています。