呼吸に関する事

不整脈で息苦しくなるのはどうして?

普通に生活している時に脈が飛んだり、心臓が一瞬ドキンとしてむせる、咳が出る、息苦しくなるといったことはありませんか?私もたまにですが脈が飛ぶ感じがしてコンコンと咳き込み少しの間苦しくなる時がありました。子供の頃、定期検診で不整脈があるかもと再検査したことはありますが特に病気などとは言われませんでした。

脈なので心臓が原因のようなイメージですがなぜむせたり、咳が出たりするのかな?と不思議でした。

不整脈とは

不整脈にも種類があり、命に関わらない不整脈を感じている人は結構多いようです。命にかかわる不整脈もあるので検査はしてもらった方がよいですね。

心臓は収縮と弛緩をくりかえし全身に血液を送っています。通常は1分間に60~100回ほどです。その収縮は電気信号によって行われて自律神経によってコントロールされています。自律神経は交感神経と副交感神経があります。

・運動など→交感神経が働く→心臓の動きを早くさせる。

・安静にする→副交感神経が働く→早くなった動きを元に戻す。

といった感じで動いています。運動をしてドキドキする。安静にしていて拍動がゆっくりになるというのは不整脈ではなく正常な現象です。

拍動/はくどう(心拍):収縮と弛緩を繰り返す運動のこと
脈拍/みゃくはく:動脈の拍動

そこで不整脈にはどのような種類があるのか見てみましょう。

拍動が速くなるタイプ

電気刺激が違うルートを通るなどで起こります。

・発作性上室性頻拍

突然1分間に200回以上の拍動が起こり、突然治まります。
対処:息をこらえたり、深呼吸をするとよい。

・心房粗動

心房(心臓の上部にある空間)で電気刺激がぐるぐる回り1分間に200~300回ほどの拍動が起こる。
脈拍は150~200回と拍動に比べて少ない。

・持続性心室頻拍

心室(心臓の下部にある空間)で突然電気刺激が起こり1分間に120~200回ほどの拍動が起こる。30秒以上続く発作の場合は持続性と呼ばれる。動悸・めまい・失神などが起こることがある。

心筋梗塞や心筋症など心臓に持病がある場合は「心室細動」に移行しやすくなるので注意が必要です。

・心室細動

ほとんどが心室頻拍から始まります。心室内で大きくぐるぐる回っていた電気刺激が、細かく複数で回りだし、もとに戻らなくなる現象です。心室が痙攣して収縮できなくなり血液が送り出せなくなり失神します。この場合、自然に回復することはほとんどなく、電気ショック療法やAEDなど緊急処置を行う必要があります。

拍動が遅くなるタイプ

電気刺激が少なくなる、上手く伝わらないなどで起こります。
脈が遅くなり、送り出せる血液が少なくなるので酸素が行き渡らずにめまいや息切れなどの症状が現れます。ひどい場合は失神することも。

・洞不全症候群

電気刺激を発生させる部分の異常で電気刺激が少なくなり、脈拍が1分間に30~40回ほどになります。

・房室ブロック

電気刺激の通り道に障害があり上手く伝わらずに拍動が1分間に30~40回ほどになります。症状は人によります。症状のない軽い〜疲れやすい、めまい、意識が遠くなるなどがあります。

拍動のリズムが乱れるタイプ

・期外収縮

健康な人にも現れる。脈拍が飛んだりドキンとしたりするものです。
心房から心室に流れて送り出されるのですが、心室に血液がたまりきる前に収縮してしまう現象です。タイミングがずれて血液が少ない状態で送り出されるため脈が飛ぶように感じたり、次にたまる時間がながくなり、通常量たまった分が送り出される時に脈が強く感じドキンと感じるのです。

ほとんどは大丈夫なのですが心室で起こる場合は、拍動が早くなるタイプに書いた心室頻拍心室細動の前触れになることもあるので定期検診などを受けて日頃から注意しておくとよいでしょう。

また、心臓の持病を持っている方も医師に相談するなど注意してください。

・心房細動

心房が1分間に350~400回ほど震える現象です。拍動のリズムが乱れますが脈拍は150~200回ほどです。ひどい動悸、胸の不快感が現れます。

血流が滞るので血栓(血液の塊)ができやすくなり、それが脳梗塞や他の血管をつまらせるなどの原因となってしまい油断できない不整脈となっています。

どうして息苦しくなるの?

拍動が遅くなるタイプで血液が送れずに酸素が不足して息苦しくなることがあるということでしたね。

脈が飛んだり、ドキンとするタイプでもコンコンと咳が出ることがあるのですが、これは身体の反射で出ているだけで異常はないようです。多くの方がこのパターンに当てはまるのかなと思います。

[say name=”マツリ” img=”https://hottoikisuru.com/wp-content/uploads/2017/01/hd_iki_icon5.png”]気をつけないといけないのが拍動が速くなるタイプなどで肺の血管内の血液が多くなり血管の外に血液が漏れ、肺胞に水分が溜まってしまう場合です。(肺水腫)尋常じゃなく咳き込んだり呼吸困難になってしまいます。[/say]

まとめ

脈が飛ぶタイプの不整脈の原因などはちゃんとわかっていないようです。誘因として言われるのはストレスや生活習慣、疲れなどですね。自律神経が乱れるのも関係しているかもしれません。飲酒、喫煙も心臓に負担をかけます。急に動いたり、温度差の激しい所に急に行くなども危ないので、準備運動など急な変化が起こらないように気をつけましょう。

ABOUT ME
マツリ
28歳の時に喉の異物感を感じ検査をするも異常なし。それから調べたり体験したことを元にヒントになれば嬉しいなと記事にしました。募集した体験談も掲載しています。