自信がなく幼稚園の集まりで自分が子供に悪影響を与えないか心配【体験談】

35歳専業主婦の女性です。私が初めて息苦しさを感じたのは、子供の入園した幼稚園でクラスに分かれた時の順番に自己紹介をする時でした。今後、我が子に関係する人たちとなるため緊張し過ぎているのが分かったり変なことを話して、我が子に恥をかかせやしないかと思うと、何を言えば良いのかうろたえてしまい、他の人が話してる間、自分の番が回ってくるまでずっと息苦しくなってしまいました。

恐らくその原因は、私が子供の頃から人の目を気にし過ぎてしまう、自分に自信のない自己肯定感の低い人間だからだと思います。独身で仕事をしてる時は、仕事さえまともにやれば周りから認めてもらえるし、そこにいて私でも役に立ってるという安心があったので周りとも緊張せず上手くやれていました。

でも、母親になると必要なのは人当たりの良さ、コミュニケーション能力であって、私にはとても無理だと思えたのです。それによっていつか子供に悪影響を及ぼすのではないかという不安もつきまといました。だから、子供関係で誰かと何か話すとなるとものすごく不安になり必要以上の緊張をしてしまい、息苦しさを感じたりして結果的に空回ってしまうのです。

懇談会での発言にとても緊張する。

自己肯定感が低いせいで、自分が周りをどう見るかではなく周りからの評価が気になってしまうために、人の視線が怖くて子供関係の顔見知りと目が合いそうな場所に行く機会があるとそれを考えただけで息苦しくなるようになってしまいました。

それでも普段はバス通園させているし何とかやっているのですが、特に辛いのは園での懇談会です。担任の先生を含めたクラスのママさん半分で丸くなって、子供の悩みなど話してそれに対してお互いに意見を伝えあったりする場なのですが、もちろん発言出来ません。

その場にいるのすら息苦しくなってしまうのですが、私が発言してないのに担任の先生が気がついて発言を促された時には、気絶しそうな息苦しさに襲われました。その年に一度の懇談会も三回目となった時には、どういう状況になるか予測できたのでイメージトレーニングをしておいて、指されたらとりあえず焦らず深呼吸をしてゆっくり話す事を意識して発言をしました。

それでも終わってしばらくは苦しかったけど、予測出来る状況なら行く前に何度もイメージトレーニングしておく事で多少は息苦しさから逃れられるようになっています。ストレス、緊張感、イライラの改善の為の市販薬を購入したりもしたのですが、私にはお酒に酔ったようなふわふわ感がきてちょっと怖くなったのでやめました。

嫌なことをする時ほど淡々と

子供関係では私が母親であるせいで子供に迷惑かけないかとどうしても考えてしまうので息苦しさからは完全に逃れられないのですが、こんな母親でも子供は慕ってくれているのだからと言い聞かせて、嫌なことをする時ほど淡々とこなしていくようにしています。

あまり話せないママさん達の中にポツンといなくてはならない時も、話すことがなければ無理をしないで私はあの子の母親だからいる必要があるのだと自分の存在に理由を付けて耐えています。

管理人マツリからのコメント

独身の時は自分のことは自分の責任として考えられますが、子供に影響があるかもしれないと思うと不安になってしまいますね。自分は自分、子供は子供と分けて考えると良いかもしれません。自分の失敗=子供の失敗にはなりません。周りはあまり気にせず、子供ちゃんをしっかり見てあげていたら大丈夫なのかなと思いました。子供ちゃん、愛されてるなと感じます。

イメージトレーニングをして当日その時がきたら深呼吸をしてゆっくり話すというのはとても良いですね!嫌なことはぐるぐると考えがちですが考える前に淡々とこなすというのも参考になりました。無理をせず、できることをして、できないことはできないと言って手伝ってもらうというのもありですよ。