体験談

再就職先で喉に違和感!問題は人間関係だった【体験談】

子供ふたりをもつ40歳の母です。夫と助け合いながら家事、育児、仕事に追われる毎日を送っています。再就職をきっかけに「喉の違和感」を感じるようになりました。およそ8年、育児と家事を勤めてきましたが、下の娘が小学校に入り育児もひと段落したため再就職をしました。

勤務開始日から喉に違和感を感じる。

私の過去の経歴はサービス業が多かったのですが、子供が休みの日に休暇を取りにくいためサービス業は避けることにしました。あまり経験のない事務職でしたがなんとか就職することができました。採用していただいた事に大変感謝し勤務を開始しました。

ところが、勤務開始日から喉に何かがつっかえたような、違和感を感じるようになりました。事務仕事の研修中にも違和感は続き、咳をしながら研修を終えたのですが喉の違和感と咳はその後3ヶ月ほど続きました。

常に何かが喉につっかえたような、乾燥しているような症状でそのために度々咳をしていました。ひどい時には勤務中だけでなく出勤前にも咳き込んでいました。のど飴やのどスプレーなど市販品を試しましたが症状は改善しません。

その原因を突き止めようと、検査をしたのですが病気やアレルギーではない事がわかりました。検査結果を聞いて「ストレス」が原因ではないかと、ふと思ったのです。

転職がきっかけで喉の違和感が消えた。

再就職先の業務内容については自分で対応が可能な範囲で安心しました。しかし、問題は人間関係でした。就職した会社では20から30代の若い世代と50代を中心としたふたつのグループに分かれていました。不思議な事に40代前半の方が在籍しておらず、どちらのグループからも敬遠されているような感じがありました。

もともとコミュニケーションが得意ではなく、職場は仕事をしてお給料を頂ければ構わないというスタンスでいましたが、どうもそんな態度に反感を買ってしまったようで50代の先輩方に理不尽な理由で怒られる事が増えてきていたのです。

経験の少ない事務仕事でしたので、私も反論する事ができず話を聞いて自分の中に溜め込んでいく日々が続き、それと共に喉の違和感もひどくなっていました。

職場の人間関係と体調不良が重なり、働くことに対して消極的になってしまいました。そんな時に、知り合いからある仕事を紹介してもらう機会がありました。私の好きな接客業で比較的自由に休日が取れるのです。私は迷う事無く転職をしました。転職してすぐに気がついたのは、あれだけ長く続いた例の喉の違和感が全く無くなった事です。

はっきりとした原因は分かりませんが環境が問題であったと判断できるのではないでしょうか。自分に合った仕事と職場に恵まれた今は毎日が充実しています。

管理人まつりからのコメント

私も緊張したりしても咳とか出たりします。理不尽に怒られたりするのも辛いですよね。転職されて喉の違和感が全く出なくなってよかったです!自分に合ったところに行くためのステップだったのかもしれませんね。心と体が「本当に働きたいのは、ここじゃないよ〜」って言っていたのかもしれません。

ABOUT ME
マツリ
28歳の時に喉の異物感を感じ検査をするも異常なし。それから調べたり体験したことを元にヒントになれば嬉しいなと記事にしました。募集した体験談も掲載しています。