旦那の両親との同居で不自由さから心が沈む【体験談】

私は36歳の主婦です。二年前に結婚しました。そして主人のご両親と同居することになりました。

家の中で自由がきかず、心が重くなっていく。

アメリカ人の義母とは話がすれ違うばかりか共通点が見出せませんでした。キッチンを含め家の中は自由に使えず嫌われているように感じることもあり、車を運転できない私は部屋に閉じこもりがちになりました。それくらいから喉に違和感を感じるようになり同時に首が締め付けられているように感じることが多々ありました。

そういう時は決まって心に雲がかかったようでした。何事も不安でした。目から涙が溢れてきました。するとますます心の雲が重くのしかかってきます。こういった時、外の光が強すぎて頭も痛くなりました。

自分でこの状況を改善しようと友人に電話をしたり買い物に連れて行ってもらいました。その時には違和感は感じませんでした。友人に話を聞いてもらったり、”よく頑張ってる”とできているところを褒めてもらうと気分がスッキリしてまだまだ頑張れるとさえ思えました。

結局、気分が沈んで喉に違和感を感じる時とそうでない時が交互にやってきました。主人は少しでも気分が明るくなるように花を買ってきたり、好きな鳥の絵柄の物をプレゼンントしてくれましたが、そういったものはあまり私には効果がありませんでした。

環境を変えることで喉の違和感は感じなくなった。

今、思えばこの時の私にはかつて独身の時にしていたような自由が欲しかったのだと思います。自分の生活をもっと自分で組織したかったのです。同じ同居であっても、もしわたしがもう少し若かったのであればもう少し我慢もできたのかもしれません。親元を離れて暮らした経験のある私には何事も自分で決めれないことに拒否反応があったのかもしれません。

このままではいけないと思い主人と二人違うアパートに引越しをしました。今では喉の違和感は感じることがありません。問題が全くないわけではなくても以前のように心身ともに落ち込むことは無くなりました。あの時は何故あんなに苦しかったのだろうと思います。

私が思うには、自分らしくいることができない状況下で消極的な気分に浸ってしまった時にとてつもなく重いものに捕まってしまいました。消極的な気分に浸らないようにしたり、もしそうなっても自分なら大丈夫と思わせてくれる友人の言葉などに耳を向けるのは有効だと思います。

そして何より自分の状況を変えることができるなら変えた方がいいと思います。自分自身を管理することができた時により精神的に安定できるのかもしれません。

管理人まつりからのコメント

結婚、同居などで誰かと暮らすとなると不自由な部分も出てきますね。お姑さんの考え次第でお出かけも心置きなく出来なかったりする場合も出てきそうです。ご主人のプレゼントは効果がなかったようですがご友人やご主人の支えも心強いですね。

状況を改善しようと行動されていたのも良いですね。状況を変えることができてよかったです。自分を抑え過ぎて体にも不調が出てきてしまったら勇気を出して相談したりして、ちょっとでも状況を変えられると良いですね。