呼吸関係

梅雨時期は息苦しい?気圧の変化で自律神経が乱れているからかも。

梅雨などの雨が多い時期だったり季節の変わり目などに頭痛がしたり古傷が痛んだりとよく聞きますし、実際私もだるくなったり頭痛がすることがあります。

その中に喉の違和感や異物感を感じたり息苦しさを感じたりすることはありませんか?頭痛などと同じように気圧の変化で不調が出ることがあるようです。

気圧の変化がストレスになる。

気圧ってよく聞くし、理科で習ったような気がするけどどうしてそれがストレスになるのかって感じですよね。

気圧とは気体の圧力です。気温やいろいろな条件で日々上がったり下がったりしています。空気が温められると水から水蒸気になるように体積が増えて圧力が高くなるイメージ。

山の上など高いところに行くと空気の量が減るので気圧は低くなります。

気圧が高ければ良い、低ければ良い、というわけではありません。気圧変動で体調が悪くなる人は気圧を敏感に感じとってしまうからだと言われています。

急に上がったり下がったり、その変化に体も合わせようとして自律神経というのが乱れてしまうのです。頑張って調整しようとしてくれてるのですね。

変化に応じて交感神経を高めたり、交感神経が高まるとそれを抑えようと副交感神経を高めたりしてバランスが乱れてしまいます。

影響を受けるとどうなる?

体調を崩すのは気圧が上がる時か下がる時か?と疑問に思うかもしれませんが、それは人それぞれです。下がる時にしんどくなる人もいれば天気が回復して上がる時にしんどくなる人も。

交感神経が高い時

痛みが出たりすることが多く、心拍数を増やす神経なので動悸が起こったりして苦しくなる場合もあるかもしれません。

副交感神経が高い時

だるかったり、眠気を感じることが多いようです。また、副交感神経には気管を収縮させる役割もあるので喘息の方は影響を受けて苦しくなってしまうかもしれません。

特に喘息などの症状がなく息苦しさや喉の違和感を感じる場合はどちらかが影響してるかはわかりませんが交感神経が作用して呼吸が速くなってしまっていたり、気管の収縮を感じて息苦しく感じているのかもしれません。

この現象によく似てるのが乗り物酔い

私も乗り物にはとても弱いので、もしかすると乗り物酔いをよくする人は気圧の変化にも弱いかもしれません。

また、気圧は天候だけでなく、高層ビルや展望台などの高いエレベーターや新幹線に乗っている時も変動しているのです。確かにエレベーターで一気に高いところへ上がり下がりしますもんね。耳が痛くなったり詰まったりします。新幹線も特にトンネルなどよく耳が詰まったりします。あれは気圧の変化だったのですね。

対策はある?

気圧の変化だったら天候なので人間にはどうにもできませんよね。体調不良がどういう時に起こっているのかを観察して気圧が関係していそうかを調べてみてもいいかもしれません。

これは気圧のせいだという時はその日はゆっくりしたり、自律神経が乱れないように耳をマッサージするのも良いのだそうです。

気圧の変化を前もって知る方法としてアプリがあります。

アプリで気圧変動を教えてくれたりします。

私は「頭痛〜る」というアプリを使っています。気圧が下がる時などに「やや注意」とか「警戒」とか何日は注意してくださいと前もって教えてくれます。ゆるい猫のようなキャラクターも可愛いです〜

頭痛がする時や薬を飲んだなど記録をつけたりもできるので自分がどういう時にしんどくなるのか調べるのにいいかもしれませんね。

同時に天気や気温予想などもわかって便利ですよ。「気圧のせいか〜。今日は無理はしないでおこう」とゆっくりしたり、予定もこの日は頑張りすぎないようにしようと注意することもできます。

ガラケーなどでアプリが入れられないという方

アプリでは天気が変わる前くらいに注意喚起があることが多いので雨の予報に注意しておくのも良いかもしれません。急に気温が上がったりした時も気をつけておいたほうがいいかも。

さいごに

どういう時に自分の体がどうなるのかを知っておくと心づもりができたり、病院に行った時にも伝えられるので良いかなと思います。

普段から自律神経を整えるようにしていると影響は少なくなるかもしれません。

偏頭痛などは頭痛外来に行ったりすると予防薬などもあるみたいですので我慢しすぎないようにしてくださいね。

ABOUT ME
ふわ
28歳の時に喉の異物感を感じ検査をするも異常なし。それから調べたり体験したことを元にヒントになれば嬉しいなと記事にしました。募集した体験談も掲載しています。